アレルギー対策

腸内環境を乳酸菌で整える

腸内環境が悪くなると、さまざまな体調不良が現れてきます。
便秘や下痢の他にも、頭痛や肩こり、生活習慣病の原因となることもあります。

腸内環境が悪くなると悪玉菌が増え、腸の中に有害物質や毒素が溜まっていくのです。
腸の中の有害物質は、血液に溶け込んでいくので、血液がドロドロになります。

血液の流れが悪くなると、肩こりや冷えの原因となります。
またドロドロの血液によって血栓ができ、脳梗塞や心筋梗塞の恐れも出てくるのです。

増えてしまった悪玉菌を減らし、腸内のバランスを取り戻してくれるのが乳酸菌です。
乳酸菌は腸の中で乳酸を作ってくれます。
この乳酸によって腸の中が弱酸性になり、悪玉菌が増えるのを防いでくれるのです。

また乳酸は腸のぜん動運動を活発にして、便秘を解消する効果があります。
便秘が解消されると、有害物質や毒素も排出されるので、血液の流れが良くなり、肩こりや冷えの解消にもつながります。

乳酸菌は生きたまま腸に届くことで、効果を発揮します。
ですが乳酸菌は胃酸に弱いhttp://www.websarga.com/yoghurt.htmlため、食べ物から摂取しても生きて腸まで届くのは極わずかです。
しかし死んだ乳酸菌は、腸の中にいる善玉菌のエサになり善玉菌を増やしてくれるのです。
またサプリメントでは、胃酸に溶けず腸まで届くものもありますから、それらを上手に摂り入れることで腸内環境を整えることができます。


このページの先頭へ