アレルギー対策

乳酸菌を含む食品・レシピ

整腸作用があることで知られている乳酸菌ですが、効率よく摂取しなければ十分な効果を得ることができません。
乳酸菌は腸に定着しないため毎日排出されています。
また生きたまま腸に届くことで効果を発揮するのですが、胃酸に弱いため腸に届く前にほとんどが死んでしまいます。
死んだ菌は善玉菌のエサとなるため無駄にはなりませんが、効果を十分に得られるように摂取したいものです。

乳酸菌を含んだ食品http://realworldminecraft.com/hextukousyokuhinn.htmlといえばヨーグルトやチーズなどがありますが、動物由来のものは胃酸に弱い性質があります。
最近のヨーグルトは多くの種類が出ているので、乳酸菌が多く含まれているタイプ、菌が生きて腸まで届くタイプなどを選ぶとよいでしょう。
また食べる時間も、胃酸の濃い空腹時を避けるとよいでしょう。
無糖のヨーグルトに食物繊維のバナナや、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖をプラスすることで、大腸の働きが活発になり便秘に効果があります。

味噌やしょう油などの調味料、漬物やキムチなど植物由来の乳酸菌は胃酸に負けない性質を持っています。
話題になった塩麹やしょう油麹なども乳酸菌が含まれているので、料理に使うと乳酸菌を摂ることができます。
味噌汁や漬物などが良いからと言っても、逆に塩分の摂り過ぎにならないように注意が必要です。
含まれている菌の種類や量、食べる時間や食べ方を工夫することで、効率よく乳酸菌を摂ることができます。


このページの先頭へ