アレルギー対策

乳酸菌とビフィズス菌の相違点

腸の中で体に良い働きをしてくれる菌を善玉菌といい、ブドウ糖を分解して乳酸を作り出す菌を乳酸菌といいます。
乳酸菌には多くの種類があり、その一つがビフィズス菌で、どちらも腸内環境を整えてくれるので善玉菌となります。

乳酸菌は主に小腸にいる菌で、酸素のある場所でも生息できます。
そのためヨーグルトや発酵食品にも含まれています。
ブドウ糖を分解して乳酸を作り、腸内環境を整えてくれます。
しかし腸の中に定着できないため、毎日の食事から摂り入れることが大切です。

ビフィズス菌は主に大腸にいる菌で、酸素のある場所では生息できません。
乳酸菌と同じく、ブドウ糖を分解して乳酸を作りますが、その他に酢酸も作り出してくれます。
ビフィズス菌から作られる酢酸には、強い殺菌作用があり、悪玉菌を絶滅させ、食中毒を引き起こすO-157を殺菌する効果もあります。

ビフィズス菌は大腸に定着しますが、加齢やストレスなどによって減少していきます。
ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を積極的に摂り入れることで、ビフィズス菌を増やす効果があります。
乳酸菌とビフィズス菌はどちらも腸にとっては重要な菌ですから、その効果を知り上手に摂り入れることで健康な腸を作ることができます。
また、ペットにも効果的な乳酸菌についても参考にご覧ください。


このページの先頭へ