アレルギー対策

乳酸菌で毎日の健康維持

新生児の腸の中は、ビフィズス菌が9割を占めています。
しかし年齢を重ねるごとに、腸内環境が悪くなりビフィズス菌は1割程度にまで減少してしまうのです。
ビフィズス菌などの乳酸菌は、腸の中を酸性にすることで悪玉菌を減少させ、腸内環境を整えることで体の中から健康維持に効果を発揮してくれます。

加齢や食生活などによって腸内環境が悪くなると、腸の中に有害物質が溜まりガスが発生します。
それが血液の中に溶け込み、さまざまな体調不良や生活習慣病につながってゆくのです。

腸内環境を整えてくれる乳酸菌は毎日排出されてしまうので、毎日補う必要があります。
1日の必要とされる乳酸菌の量は、ヨーグルトで摂ると200mlが必要と言われています。
毎日200mlヨーグルトを摂るのは大変ですから、漬物や味噌などの乳酸菌が含まれている発酵食品を取り入れたり、乳酸菌飲料http://game7.jp/tabemono.html、サプリなどで補ってあげることも大切です。
食品から摂る場合、含まれている菌の種類は限られています。
そのため、自分に合わない乳酸菌を摂っている可能性もあります。
合わない種類だと効果はあまり期待できないでしょう。
なので、複数の種類が含まれているサプリメントで足りない分を補うことはとても大切なことです。

乳酸菌は胃酸に弱いため腸に届く前にほとんどが死んでしまいますが、死んだ菌はビフィズス菌のエサとなり善玉菌を増やしてくれるのです。
最近では胃酸に強いように開発された種類http://chokipeta.jp/sapurierabi.htmlもあります。
善玉菌が増えると腸内環境が良くなり、免疫力が高まります。
それによってアレルギー症状の緩和やインフルエンザなどの感染も予防してくれるのです。
腸内環境が良くなることが病気や生活習慣病の予防となり、毎日の健康維持につながっていくのです。


このページの先頭へ