アレルギー対策

インフルエンザ予防で乳酸菌

一般的にインフルエンザの予防といえば、手洗いやうがい、マスクに予防注射ですが、乳酸菌もインフルエンザの予防に効果があります。
人間の体にウィルスが侵入すると、免疫細胞がウィルスを攻撃してくれます。
乳酸菌には免疫力を上げ、免疫細胞を活性化する働きがあるのです。
乳酸菌には多くの種類があるので、免疫力を高める、感染症を防ぐといった効果のあるものを選ぶとよいでしょう。

免疫力を高め、呼吸器の感染症を予防してくれる効果があると言われているのが1073-R1です。
この乳酸菌は多糖体を作り免疫細胞を活性化http://www.williapps.com/menneki.htmlしてくれるので、バナナ、納豆、サツマイモなど多糖体を多く含む食品と一緒に摂ることで、さらに効果が高くなります。

一般的な乳酸菌は免疫細胞を活性化することで、免疫力が高まりプラズマ細胞の働きを助ける働きをしてくれます。
プラズマ細胞は体の中にウィルスなどが侵入したことを感知し、ウィルスを退治してくれる細胞です。

プラズマ細胞に直接作用し活性化させてくれるのがプラズマ乳酸菌です。
プラズマ乳酸菌は他の乳酸菌とは違い、ウィルス感染を予防する防御システムに直接作用するため、プラズマ細胞が活性化した状態をキープしてくれるのです。
そのためウィルス感染に対し高い予防効果が期待できるのです。
乳酸菌には即効性がありませんので、普段から継続的に摂ることで予防効果が期待できます。


このページの先頭へ