アレルギー対策

おなかの調子を整える乳酸菌

突然の下痢や腹痛に悩まされている人は多くいると思います。
またちょっとしたことでも、体調によって下痢や腹痛などの腸トラブルを起こしやすい人もいます。
このような腸のトラブルを改善するには、腸内環境を整えることが重要です。

腸の中には乳酸菌のように腸の働きを助けてくれる善玉菌と、腸に悪い影響を及ぼす悪玉菌がいます。
普段は善玉菌と悪玉菌のバランスがとれているのですが、何かの影響で悪玉菌が多くなると腸のトラブルが起こるのです。

乳酸菌は腸の中を酸性にすることで、悪玉菌を減らし住みにくい環境を作ってくれる働きがあります。
乳酸菌の中でもビフィズス菌の作り出す酢酸は、悪玉菌を絶滅させ、インフルエンザなどのウィルス感染を防ぐ効果があります。
乳酸菌はビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌が増えるのを助けてくれます。
ビフィズス菌が増えると、大腸を刺激してぜん動運動が活発になり便秘解消の効果もあります。

乳酸菌は腸内に定着せず毎日排出されてしまうので、毎日続けて摂ることで効果が発揮されます。
ヨーグルトや乳酸飲料に加えて、漬物や納豆、キムチなどの発酵食品も摂り入れるとさらに効果が高まります。

また乳酸菌は胃酸い弱いため、腸に届く前にほとんどが死んでしまいます。
ですから生きたまま腸まで届くプロバイオテクス乳酸菌を選んで摂ることが大切です。
毎日乳酸菌を摂ることで腸内環境が整い、腸のトラブルが改善されるのです。

↓乳酸菌の効果はどれくらいで出る?
   

このページの先頭へ