アレルギー対策

どんな菌が乳酸菌

乳酸菌は腸内環境を整えることで、便秘解消の効果があることは良く知られています。
その他にもアレルギーの症状を緩和したり、風邪やインフルエンザなどの感染を防いでくれたり、生活習慣病の予防にも役立ってくれるのです。

腸の中には腸の働きを活性化させてくれる善玉菌と、腸に悪い影響を与える悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌がいます。
乳酸菌は糖を分解して乳酸を作り出す細菌の総称で、善玉菌に分類されます。
乳酸菌の作り出す乳酸には、悪玉菌の働きを抑える効果があります。

乳酸菌は腸で効果を発揮するのですが、胃酸に弱いため腸に届く前にほとんどが死んでしまいます。
ですが、死んだ菌は腸に住む善玉菌のエサとなり、善玉菌が増えるのを助けてくれます。
乳酸菌には、ヨーグルトやチーズなどの動物性と、味噌やしょう油、漬物などの植物性http://www.nflflag.jp/syokubutu.htmlがあります。
植物性の方が胃酸に強く、生きたまま腸まで届いていれます。
両方をバランスよく摂り入れることで、高い効果を発揮してくれます。

また乳酸菌が腸の中で活動するためには五大栄養素が必要なので、栄養素が不足してしまうと乳酸菌を摂っても十分な働きをすることが出来ません。
在中している乳酸菌も、加齢や食生活の乱れによって減少してしまうので、バランスの取れた食事を摂ることも大切です。
乳酸菌の摂取方法は様々ですから、自分に合う摂取方法を見つけましょう。

このページの先頭へ