アレルギー対策

便秘解消を乳酸菌ですっきり

便秘によって腸の中に長い時間便が溜まっていると、悪玉菌によって有害物質やガスが発生します。
これらの有害物質は血液に溶け込んで体中を巡ります。
便秘によって溜まった便やガスによって、お腹がぽっこり出たり、酷くなると吐き気や腹痛を伴ったり、ニキビなどの肌トラブルの原因となります。

乳酸菌は腸の中を酸性にすることで、悪玉菌を減らし住みにくい環境を作ってくれるのです。
乳酸菌で腸内環境が整うと、腸のぜん動運動も活発になり、溜まった老廃物の排出を促してくれます。

腸の中を酸性にしてくれるのは、生きて腸まで届く乳酸菌です。
しかし乳酸菌は胃酸に弱く、ほとんどが腸で届く前に死んでしまいます。
最近では生きたまま腸まで届く乳酸菌が含まれるヨーグルトや、乳酸飲料なども販売されているので上手に選ぶことも重要です。

さらに毎日の食事に漬物やキムチ、味噌、納豆などの発酵食品をプラスすることで、乳酸菌による便秘解消効果を助けてくれます。
また、キノコや根菜、ひじきなど食物繊維の多い食品を摂り入れるのも、便秘の解消につながります。
死んだ乳酸菌は腸内に定住している善玉菌のエサとなり、善玉菌が増えるのを助けてくれるので、積極的に摂ることで腸内環境が整い便秘解消に効果を発揮してくれます。


このページの先頭へ